「テロ等組織犯罪準備罪」~その実体は「共謀罪」

            埼玉県さいたま市にある法律事務所
あすなろ法律事務所
         ASUNARO LAW OFFICE
      弁護士 新穂 正俊
法律トラブルの頼れるパートナー


埼玉弁護士会では,共謀罪法案の阻止のための下記市民集会を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

テーマ  「テロ等組織犯罪準備罪」~その実体は「共謀罪」

         「共謀罪」捜査が招く監視社会を許すな

              (参加費無料,事前予約不要)   

日 時 2016年11月25日(金)午後6時半開場 同7時開演 

場 所  浦和コミュニティセンター多目的ホール(JR浦和駅東口スグ)

内容 

  講 演  渕野 貴生 さん(立命館大学教授)

  パネルディスカッション パネリスト  

                江川 紹子 さん(ジャーナリスト)

                渕野 貴生 さん  

                                   山下 幸夫 さん(弁護士)

  パフォーマンス       松元  ヒロ さん

主 催  埼玉弁護士会

問い合わせ先  同上  電話048-863-5255 

共謀罪は,行為そのものではなく「合意」の危険性に着目して処罰をしようとするものです。現在の刑法では,少なくとも重罪でも単なる合意だけで犯罪になることはありません。重罪で予備罪があるものも,少なくとも予備「行為」が必要であり,単に合意があるだけで処罰されることはありません。合意の段階で何の予備行為さえもない段階で処罰ができるようにするものがこの共謀罪です。
共謀罪はこれまで3度ほどこの共謀罪の創設規定を含む法案として提出されていますが,いずれも廃案になっています。今回は,「テロ等組織犯罪準備罪」と名称を改めて国会に提出することが検討されていると報道されています。
 今回の刑事訴訟法改悪で,捜査における通信傍受の範囲が広がります。共謀罪は,この問題とも密接に結びつく問題です。この共謀罪の問題点について市民の皆様にも知って頂き,また,共謀罪の問題について一緒に考えていこうというのが上記市民集会の趣旨です。 是非とも多くの市民の皆様が参加され共謀罪の危険性につき知って頂き,一緒に考えて頂ければと思います。

埼玉弁護士会のホームページ参照