埼玉県さいたま市にある法律事務所
あすなろ法律事務所
         ASUNARO LAW OFFICE
      弁護士 新穂 正俊
法律トラブルの頼れるパートナー

 保険について

 以下の種類の保険があります。

  自賠責保険(強制保険)

 自動車および原付自転車を使用する際に加入が義務づけられている人身損害の賠償のための強制の損害保険です。従って、物損事故には適用されません。俗に強制保険と呼ばれています。原則どの自動車も加入していることが原則ですが、車検の更新を受けていない場合には自賠責保険の保険料も支払われていないので自賠責保険に加入していない状況になっています。もし、事故車が、自賠責保険に加入していない(すなわち無保険)場合は、政府保障事業(自動車損害賠償保障事業)により自賠責保険とほぼ同様の保障が得られます。ただ過失相殺等について違った扱いがなされています。

 ※政府保障事業(正式名称 自動車損害賠償保障事業)

  この保障事業は保険ではありませんが、交通事故の加害車両がひき逃げをして特定できない場合や、盗難車による事故、自賠責保険に加入しておらず無保険の場合に、政府が加害者に代わって損害を補てんする事業です。賠償額の基準は自賠責保険と同じですが、被害者の過失に対する取り扱いは厳しく、また支払いまでに時間がかかることや治療には健康保険や社会保険を使用したことを前提とした治療費しか支払われません。

  自動車保険(任意保険)

 自動車の所有・使用・管理に伴って発生し得る賠償責任に対する損害保険です。自賠責保険が強制保険と言われるのに対し、任意加入であるため俗に任意保険と言われています。
 交通事故に遭い被害者が加害者に損害賠償を請求したときに加害者側の保険会社の人間が対応しますが、この対応をする保険会社はこの自動車保険の会社です。

   自動車保険と自賠責保険との関係


 自動車保険(特約部分は別です)は、自賠責保険の上乗せ保険です。上乗せ保険という意味は、全体の人身損害のうち、まず自賠責保険から支払われる保険金で損害賠償がなされ、この保険金額でまかなえない賠償金額を自動車保険から支払われるという意味です。従って、自賠責保険でまかなえる場合には自動車保険の契約保険会社は人身事故については支払う保険金はないこととなります。

  自動車保険における特約保険

 自動車保険の主な特約保険について簡単に説明します。特約保険なので特約を付していないと保障が受けられません。

1 人身傷害保障特約
 
① 契約車に搭乗中の人が自動車事故により死傷または後遺障害を負った場合に、過失の有無と関係なく、その生じた損害額に対して保険会社の基準で支払われます。
 また、
 ② 記名被保険者本人とその配偶者またはその両名の同居の親族もしくは別居の未婚の子にあたる人については、他人の所有する自動車を借用運転中やバス、タクシーなどに搭乗中、あるいは歩行中に、自動車事故により傷害を負ったり死亡しまたは後遺障害を負った場合も同様に支払われます。

   要約すると、除外事由もありますが、契約車両に乗っていて自動車事故に遭った場合で怪我をしたり死亡し、または後遺障害を負った場合には、でもこの特約の保障を受けられ、また、
記名被保険者その配偶者及びの両名の同居の親族(6親等内の血族と3親等内の姻族)別居の婚姻歴のない子供は歩行中の自動車事故でも同じ保障が受けられるということです。いずれも過失の有無は関係ありません。
   額は制限されますがかなり幅広い保障が受けられますし、過失分の補てんもかなり受けられることとなります。基本的には、先行して請求できるものは請求をしたほうがよいと思われます。

2 無保険車保険

  
保険を付けていない自動車や保険を付けていても補償内容が不十分である自動車との事故で記名被保険者本人とその配偶者またはその両名の同居の親族もしくは別居の未婚の子にあたる人契約車両に搭乗中の人死亡または後遺障害を負った場合
その損害に対して相手から十分な補償を受けられない場合に支払われる保険。
  注意しなければならないのは、死亡または後遺障害を負っていなければならないことです。
  
被保険者は人身傷害保険と同じです。
  
注意
  この保険については被害者がかけている保険で、自分の保険会社に請求しますが、実質は加害者に請求するのと同じで保険会社との間で厳しい交渉を行う必要があり、決して保険会社任せにすることはできません。必ず弁護士にご相談下さい
 

3 搭乗者傷害保険

  契約の車に搭乗中の人が自動車事故で傷害を負ったり死亡しまたは後遺障害
を負った場合に支払われる保険。
  受けた損害により、死亡保険金、座席ベルト装着者特別保険金、医療保険金、後遺障害保険金、重度後遺障害特別保険金、重度後遺障害介護費用保険金が支払われます。

4 自損事故保険

  契約の車の所有者や運転者が自らの一方的な過失による事故のため(電柱への衝突、崖からの転落等)で傷害を負ったり死亡ししまたは後遺障害を負った場合に、自賠責保険による補償が受けられない場合に支払われる保険。
  受けた損害により、死亡保険金、後遺障害保険金、介護費用保険金が支払われます。


                          
弁護士費用について
                           交通事故トップ
                           高次脳機能障害について    
                          
遷延性意識障害について    
                                                              むち打ち症





                         あすなろ法律事務所
                                        
所長 弁護士 新穂正俊
                                              
(埼玉弁護士会所属

                                 
〒338-0001
                            埼玉県さいたま市中央区上落合5丁目18番5号
                      
                            TEL 048-851-3633
                            FAX 048-858-3688