埼玉県さいたま市にある法律事務所
あすなろ法律事務所
         ASUNARO LAW OFFICE
      弁護士 新穂 正俊
法律トラブルの頼れるパートナー

 
刑事事件(ご本人、逮捕・勾留された方の家族)専用ダイヤルを開設しました
24時間受付 土日祝祭日にかかわらず相談・お問い合わせを受付ます。上記の方の事件の初回相談は無料です。 できるだけ速やかにご相談を受けると共に,遅くとも24時間以内に逮捕等されている方と接見し、釈放に向けて行動します。まずはお電話下さい。

048-851-3637     

  
  事件依頼の際の費用

事件を依頼された場合には大きく分けて次のような費用がかかります。なお、特に税込みとの記載がない場合、全て税別の額の記載です。 

着手金着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。事件の結果に関係なく(仮に不成功に終わっても)返還されません。着手金は、以下に説明します報酬金の内金でもいわゆる手付でもありませんのでご注意下さい。
報酬金報酬金は、事件が成功で終わった場合、事件終了の段階で支払うものです。成功というのは一部成功の場合も含まれ、その度合いに応じて支払います。まったく不成功(裁判でいえば全面敗訴)の場合は支払う必要はありません。
手数料手数料は、当事者間に実質的に争いのないケースでの事務的な手続を依頼する場合に支払います。手数料を支払う場合としては書類(契約書、遺言など)作成、遺言執行、会社設立、登記、登録などがあります。

実費、日当

事件処理のため実際に出費されるものです。例えば、裁判所に納める印紙代と予納郵券(切手)代、記録謄写費用、証人に支払う日当、鑑定料などです。出張を要する事件については交通費、宿泊費、日当がかかります

   ※以下、着手金・報酬金等に税込みの表示がない場合には、消費税8%が別途加算されます 。

 刑事弁護、少年付添人活動関係の費用
 
   
 1 刑事事件・少年事件について

 ※刑事事件・少年事件でも、県外への主張の場合には、いずれの場合も、交通費等の実費の負担をしていただきます。 

   刑事事件

 

   被疑者段階(捜査弁護)
   法律相談  30分5、000円(ご本人、逮捕・勾留されている方の家族は初回相
          談は無料です)

  接見(接見のみの依頼の場合)の費用
    ※接見とは、警察等に逮捕・勾留されて留置されている人と会って来ることです。  
        金額 1回3万円
     (さいたま地裁本庁管内以外は5万円程度まで加算あり。埼玉県外

        については協議させて頂きます)
     ※事前の支払が必要です。
     ※受任の場合には着手金の一部に充当します。

  事件受任の場合   
  1  着手金
      (基本)
             
・認めている簡易な事件(罰金刑が予測される場合
公判になった場合
               に判決を除き2回程度の公判で判決が予想される場合) 
 
              (勾留場所がさいたま地裁本庁管内若しくは在宅)    20万円
              
(勾留場所が上記以外の場所)                               30万円
            
・上記以外で重大事件以外の事件                     30万円
             ・重大事件(裁判員対象となる事件)            40万円
              ※裁判員対象事件は、罪名で言えば、殺人、傷害致死、強盗致傷、強
                 盗致死(強盗殺人)、保護責任者遺棄致死、現住建造物等放
火、
                  通貨偽造、偽造通貨行使、危険運転致死、旧強姦致傷等の罪で
                 す。詳しくは相談の際にご確認下さい。
  
 
     (加算事由)
 
             ・ 勾留阻止・勾留の準抗告・勾留取消申立                         5万円
             
・ 示談交渉(一人当たり-1家族が被害者の場合は一人とします) 5万円
              ・ 在宅(若しくは参考人)否認の事件で取調べの付添いを行う場合
          1回5万円~(但し、否認追加分で3回まで加算無し、参考人に
                    ついては、否認追加なしで2回まで加算無し)
             ・ 参考人が被疑者になった場合には、被疑者の上記分類に応じ、基本の半額
      加算となります。
 
            ・ 否認事件の場合(被疑者のみ、参考人は除く)                 20万円
              ※ (否認事件で加算するのは接見回数が多数回となるためです)
 

  2  報酬金
         ・ 前記勾留阻止・準抗告・取消申立が認められた場合に      10万円
            (但し、この段階で身柄は解放されますが、処分は決まっていません。)
         ・不起訴の場合                                                              20万円
         ・罰金の場合                                                                10万円
 
 
    被告人段階(公判の裁判)

   1  事件受任着手金
    (基本) 
           ・被疑者段階で選任されている場合
             被疑者段階の基本着手金の半分
              但し、否認等による追加分については新たな受任と同様の加算額とな
              り
ます。
              なお、裁判員裁判については追加額は100万円以上となります。
              理由は、裁判員裁判では、その手続の性質から複数弁護士での対応
              が適当であり、かつ長期になるためです。協議させて頂きます。
 
           ・被告人段階で初めて選任された場合
                被疑者事件の(基本)と同様の額
                 但し、公判段階からの裁判員裁判の費用は100万円~です。
                 額についてご相談した上で、委任されるかどうかをお決め頂きます。
   
   (加算事由)
          
・否認の場合                               20万円
           ・保釈着手金                                5万円
   2  報酬金(保釈部分以外は判決後に発生)
          ・保釈認容報酬                                5万円
          ・判決で執行猶予を獲得した場合の報酬                  20万円
          ・判決で減刑された場合(求刑の7割以下)              10万円
          ・判決で無罪の場合                    50万円~100万円
                               
(裁判員裁判以外は原則50万円です)

   少年事件

 

   被疑者段階(捜査弁護)

  刑事事件と同様の基準です。

   付添人段階(家裁送致後)
   1 着手金
     (基本)
     ・ 被疑者から継続する場合にも、家裁送致後の着手金については被疑者段階
 
       と同額の追加をお願いします。
     ・ 家裁送致後に初めて受任する場合には、着手金は最低額を30万円とします。
     ・ 逆送が問題となった場合には、費用については協議させて頂きます。
     ※ 少年事件は、少年との密接な接触や、審判後の環境調整等があり、送致
         後に付添人としてかける時間は、通常の刑事事件とは全く違うという事情が
         あります。

   (加算事由)
     ・否認の場合(一部減額については協議が可能です)       20万円
     ・ 観護措置とられないようにした場合                 10万円
   2    報酬金
     ・  審判不開始・不処分(非行はある場合)・保護観察        20万円
     ・  不処分(被告事実無しの場合)-実質無罪              50万円




                           トップへ

                                         あすなろ法律事務所
                         
 所長 弁護士 新穂正俊    (埼玉弁護士会所属
                                   
〒338-0001      埼玉県さいたま市中央区上落合5丁目18番5号
                               TEL 048-851-3633
                               FAX 048-858-3688